2D画像編集ソフトまとめ

 2D画像編集ソフトについては、Adobe製品一強です。一昔前はマクロメディアとAdobeが競合製品を出し合いシェア争いを繰り広げていましたが、2005年にAdobeがマクロメディアを買収したことで、独占状態となりました。
 独占状態になると、製品価格が上がったりデメリットが発生すると考えてしまいますが、この2D画像編集ソフトに関しては良い方向に向かっていると思われます。
 その理由は、2D画像編集ソフトの選択肢が一つしかないので、デザイン会社もソフトとしてこれを選ぶしかなく、デザイナーもAdobe製品さえ習得すればどの会社でもデザインができる状況となったことです。これは非常に大きいメリットだと思います。
 一方で製品価格についてはサブスクリプションモデル(月額料金制)に移行し、通算すると若干高くなったようにも思いますが、昔のように10万を超えるソフトを購入するということなく、月々3000円程度で利用できるというのは大きなメリットであり、さらに最新のバージョンをいつでも利用できるということで、買い替えの必要もなくなりました。昔はバージョンの違いによってデータ連携に問題が発生することもありましたが、各社がクラウドのAdobe製品を利用することで、こういった互換性の問題もなくなっていくと思われます。
 このようにデザイナーにとっては月額料金制で金銭負担も少なく、そしてソフトの選択肢が一つ、バージョンの違いも考慮する必要なしという状況ですので、非常に学習しやすい環境ができていると言えます。

 ここでは、この2D画像編集ソフトについてまとめていきたいと思います。

1.ベクター系2D画像編集ソフト「Illustrator」

 IllustratorはAdobeの開発、販売するベクター系2D画像編集ソフトです。
 ベクター系ソフトとは点や線など各オブジェクトを組み合わせて画像を作成・編集するソフトです。最大の特徴としてはどれだけ拡大してもぼやけない(モアレしない)画像を作成できることです。
 この点がラスター系ソフトとの一番の違いです。この特性により、例えば駅やビルの広告などの大きな画像作成に向きます。
 もう一つ、ロゴ等のデザインはそもそも点や線の組み合わせで作成するものなので、Illustratorの操作性と相性が良く、ロゴデザイン、そこから発展して名刺作成、印刷物作成等幅広くIllustratorが利用されています。
 DTPについてはAdobe InDesignという別のソフトが用意されていますが、そのDTP内で利用するベクター画像を作成する際も、Illustratorを利用します。

バージョン

バージョン名 発売日 延長サポート期日 備考
10 2001年11月 終了 パッケージ版
11(CS) 2003年10月 終了 パッケージ版
12(CS2) 2005年4月 終了 パッケージ版
13(CS3) 2007年6月 終了 パッケージ版
14(CS4) 2008年12月 終了 パッケージ版
15(CS5) 2010年5月 終了 パッケージ版
16(CS6) 2012年5月 2017年5月31日※ パッケージ版
17(CC) 2013年6月 クラウド版。サブスクリプション化によりサポート期限の概念なし。
18(CC2014) 2014年6月 クラウド版。サブスクリプション化によりサポート期限の概念なし。
19(CC2015) 2015年6月 クラウド版。サブスクリプション化によりサポート期限の概念なし。
20(CC2015.3) 2016年6月 クラウド版。サブスクリプション化によりサポート期限の概念なし。
21(CC2017) 2016年11 クラウド版。サブスクリプション化によりサポート期限の概念なし。
22(CC2018) 2017年10月 クラウド版。サブスクリプション化によりサポート期限の概念なし。

※16(CS6)は最後のパッケージ版として通常のサポート期間をさらに延長して2017年5月31日までサポートを継続しましたが、その期限も切れ、更新プログラム等今後一切のサポートを行わないとアナウンスしました。ただしセキュリティパッチに関しては、状況に応じて検討するとのことです。AdobeではCCへの移行を強く推奨しています。


サブスクリプション料金(月額料金)

購入者 購入プラン 料金 備考
個人 年間プラン(月々払い) \2,180- / 月 (税別) 1年縛りのプランです。途中解約する場合、残存月数×50%の料金が解約料として請求されます。
年間プラン(年払い) \26,160- / 年 (税別) 1年縛りのプランの一括払いです。途中解約する場合、残存月数×50%の料金が解約料として差し引かれた上で返金されます。
月々プラン \3,180- / 月 (税別) 月々のプランです。解約料はかかりません。
法人 月々プラン \2,980- / 月 (税別) 月々のプランです。解約料はかかりません。
学生・教職員 年間プラン(月々払い) \980- / 月 (税別) 1年縛りのプランです。途中解約する場合、残存月数×50%の料金が解約料として請求されます。
年間プラン(年払い) \11,760- / 年 (税別) 1年縛りのプランの一括払いです。途中解約する場合、残存月数×50%の料金が解約料として差し引かれた上で返金されます。

 コンプリートプランというAdobeの製品がすべて利用できるプランもありますが、ここではIllustrator単体のプランのみ紹介しています。

 全てのプランで自動更新がデフォルトONになっています。継続的に使用するかしないか状況に応じて設定変更しておくべきです。

 法人プランは月々プランのみ。学生・教職員プランは料金の安さが魅力ですが一年縛りのみです。

 一年縛りの場合、更新月の前月のみ解約料なしで解約できます。このタイミングを覚えておかないといけないのでかなり大変です。

 個人の場合、フリーのデザイナー等、確実に一年以上利用する方以外は、最初、少々高いですが月々プランで契約することをお勧めします。契約以降、使用状況を見て一年縛りに切り替えるかどうか考えることが出来ます。プルダウンのデフォルトが年間プラン(月々払い)になっているので注意して下さい。

 マルチプラットフォームでWin、macOSどちらにもインストールできます。1ユーザーで2台までインストール可能ですが同時使用は1台のみです。

 法人プランで1ユーザーを使い廻すという悪い事を考える方がいらっしゃいますが(笑)CCは1ユーザーにつき2端末までインストール可でも、同時使用は1台のみです。CC以降Adobeのクラウド側でライセンス管理されています。

 全プランでTypekitの全フォント、クラウドストレージ100GB、ポートフォリオWebサイトの利用が可能です。


2.ラスター系2D画像編集ソフト「Photoshop」

 PhotoshopはAdobeの開発、販売するラスター系2D画像編集ソフトです。

 ラスター系ソフトとはラスターデータである写真等画像を加工するソフトです。Photoshopという名前だけあって、写真の輝度を調整したり、セピア調にしてみたり、人物の血色を良くしたり、ありとあらゆる画像修正が可能です。
 ベクターデータと違い、ラスターデータは拡大するとぼやけ(モアレ)てしまいます。そのラスターデータを扱いますので使用用途によっては元となる画像の解像度、出力する解像度に細心の注意が必要になります。
 Webで使用する画像を作成する際はIllustratorよりもPhotoshopを利用するケースが多いです。

バージョン

バージョン名 発売日 延長サポート期日 備考
7 2002年5月 終了 パッケージ版
8(CS) 2003年10月 終了 パッケージ版
9(CS2) 2005年4月 終了 パッケージ版
10(CS3) 2007年6月 終了 パッケージ版
11(CS4) 2008年12月 終了 パッケージ版
12(CS5) 2010年5月 終了 パッケージ版
13(CS6) 2012年5月 2017年5月31日※ パッケージ版
14(CC) 2013年6月 クラウド版。サブスクリプション化によりサポート期限の概念なし。
15(CC2014) 2014年6月 クラウド版。サブスクリプション化によりサポート期限の概念なし。
16(CC2015) 2015年6月 クラウド版。サブスクリプション化によりサポート期限の概念なし。
17(CC2015.5) 2016年6月 クラウド版。サブスクリプション化によりサポート期限の概念なし。
18(CC2017) 2016年11 クラウド版。サブスクリプション化によりサポート期限の概念なし。
19(CC2018) 2017年10月 クラウド版。サブスクリプション化によりサポート期限の概念なし。

※16(CS6)は最後のパッケージ版として通常のサポート期間をさらに延長して2017年5月31日までサポートを継続しましたが、その期限も切れ、更新プログラム等今後一切のサポートを行わないとアナウンスしました。ただしセキュリティパッチに関しては、状況に応じて検討するとのことです。AdobeではCCへの移行を強く推奨しています。


サブスクリプション料金(月額料金)

購入者 プラン 購入プラン 料金 サービス 備考
TypeKit クラウド
ストレージ
その他
個人 単体プラン 年間プラン
(月々払い)
\2,180- / 月
(税別)
全フォント 100GB ポートフォリオ
WEB利用可
1年縛りのプランです。途中解約する場合、残存月数×50%の料金が解約料として請求されます。
年間プラン
(年払い)
\26,160- / 年
(税別)
全フォント 100GB ポートフォリオ
WEB利用可
1年縛りのプランの一括払いです。途中解約する場合、残存月数×50%の料金が解約料として差し引かれた上で返金されます。
月々プラン \3,180- / 月
(税別)
全フォント 100GB ポートフォリオ
WEB利用可
月々のプランです。解約料はかかりません。
フォトプラン
(20GB)
年間プラン
(月々払い)
\980- / 月
(税別)
一部
フォント
20GB Lightroom
利用可
1年縛りのプランです。途中解約する場合、残存月数×50%の料金が解約料として請求されます。
年間プラン
(年払い)
\11,760- / 年
(税別)
一部
フォント
20GB Lightroom
利用可
1年縛りのプランの一括払いです。途中解約する場合、残存月数×50%の料金が解約料として差し引かれた上で返金されます。
フォトプラン
(1TB)
年間プラン
(月々払い)
\1,980- / 月
(税別)
一部
フォント
1TB Lightroom
利用可
1年縛りのプランです。途中解約する場合、残存月数×50%の料金が解約料として請求されます。
年間プラン
(年払い)
\23,760- / 年
(税別)
一部
フォント
1TB Lightroom
利用可
1年縛りのプランの一括払いです。途中解約する場合、残存月数×50%の料金が解約料として差し引かれた上で返金されます。
法人 単体プラン 月々プラン \2,980- / 月
(税別)
全フォント 100GB ポートフォリオ
WEB利用可
月々のプランです。解約料はかかりません。
学生・
教職員
単体プラン 年間プラン
(月々払い)
\980- / 月
(税別)
全フォント 100GB ポートフォリオ
WEB利用可
1年縛りのプランです。途中解約する場合、残存月数×50%の料金が解約料として請求されます。
年間プラン
(年払い)
\11,760- / 年
(税別)
全フォント 100GB ポートフォリオ
WEB利用可
1年縛りのプランの一括払いです。途中解約する場合、残存月数×50%の料金が解約料として差し引かれた上で返金されます。
フォトプラン
(20GB)
年間プラン
(月々払い)
\980- / 月
(税別)
一部
フォント
20GB Lightroom
利用可
1年縛りのプランです。途中解約する場合、残存月数×50%の料金が解約料として請求されます。
年間プラン
(年払い)
\11,760- / 年
(税別)
一部
フォント
20GB Lightroom
利用可
1年縛りのプランの一括払いです。途中解約する場合、残存月数×50%の料金が解約料として差し引かれた上で返金されます。

 コンプリートプランというAdobeの製品がすべて利用できるプランもありますが、ここではPhotoshop単体プランおよびフォトプランのみ紹介しています。

 全てのプランで自動更新がデフォルトONになっています。継続的に使用するかしないか状況に応じて設定変更しておくべきです。

 法人プランは月々プランのみ。フォトプラン及び学生・教職員プランの単体プランは料金の安さが魅力ですが一年縛りのみです。

 一年縛りの場合、更新月の前月のみ解約料なしで解約できます。このタイミングを覚えておかないといけないのでかなり大変です。

 単体プラン、フォトプランどちらでもPhotoshopの機能は同じで、安いからフォトプランのPhotoshopに機能制限があるということはありません。

 個人の場合、フォトプランの方がお得に見えますが、フォトプランには月々のプランがないこと、TypeKitの一部フォントしか利用できない
(7日無料体験版と同レベルのフォントしか利用できません)ことを考慮する必要があります。

 マルチプラットフォームでWin、macOSどちらにもインストールできます。1ユーザーで2台までインストール可能ですが同時使用は1台のみです。

 Lightroom、ポートフォリオWEBサイトについては以下で説明しています。


3.Illustrator、Photoshopの付随製品

 サブスクリプションモデルであるCCで契約すると該当のIllustrator、Photoshop以外に以下の製品が利用できます。

Lightroom

 LightroomはPhotoshopと密接に連携したフォトアルバムです。Photoshopはあくまで写真編集を行うソフトであり、多数の写真をカテゴリー分けして管理するような機能はなく、あくまで1枚1枚の写真を加工編集するだけです。その為アルバム的な写真管理はOSのフォルダによって管理するか、別途サードパーティの写真管理ソフトを利用するのが一般的でしたが、Lightroomを利用することで、Photoshopと密接に連携した写真管理が可能になります。さらに明るさの補正など簡単な補正であればPhotoshopを利用せずLightroomだけで、それも多数の写真を一括で補正できます。
 このLightroomはPhotoshopのフォトプランで契約すると利用できます。Photoshopの単体プランでは利用できませんので注意して下さい。コンプリートプランではもちろん利用できます。
 LightroomにはLightroom ClassicとLightroomの2つがあります。Lightroom ClassicはCS時代から続くLightroomです。ディスクトップアプリケーションとして高度な管理機能が提供されます。Lightroomはモバイルに対応した軽量版アプリです。


ポートフォリオWEBサイト(Portfolio)

 デザイナーのポートフォリオWEBサイトを簡単に作成するためのCMSとホスティングの統合サービスです。デザイナーは仕事を取るために自身の作品(=ポートフォリオ:成果物)を提示し実力を示さなければなりませんが、そのポートフォリオWEBサイトをドラッグアンドドロップで簡単に作成でき、同時にWEB上に公開できます。
 このポートフォリオWEBサイトはIllustrator又はPhotoshopの単体プランで契約すると利用できます。Photoshopのフォトプランでは利用できませんので注意して下さい。コンプリートプランではもちろん利用できます。


Adobe Portfolio(https://portfolio.adobe.com/)

TypeKit

 実はこのTypeKitがCCの目玉とも言える製品です。TypeKitはIllustrator、Photoshop上で利用できるフォントライブラリで、国内の主要フォントを含め5700以上のフォントが利用できます。
 昔、CS以前のパッケージ販売の頃は10万円を超えるIllustrator、Photoshopのパッケージを購入した上、本格的なデザイン事務所やウェブ制作会社の場合、クライアントの要望に随時答えるために和風フォントやスタイリッシュなフォントが必要であり、標準フォントだけでは不十分なので、1フォントごと1万円以上するモリサワフォントやダイナフォントを購入しなければならなかったのですが、CCでは月額料金内で利用できます。これは昔からIllustrator、Photoshopを利用してきた人間からすると驚愕です。
 このTypeKitはIllustrator又はPhotoshopの単体プランで契約すると全フォント利用できますが、Photoshopのフォトプランでは7日間体験版と同レベルの280フォントに制限されますので注意して下さい。コンプリートプランではもちろん全フォント利用できます。
 尚、フォントをダウンロードすることはできません。あくまで契約したIllustrator、Photoshop上で利用できるのみです。これをAdobeではフォントの「同期」と呼んでいます。ダウンロードできるとすれば、端末にインストールしてExcelやWordなど他のアプリケーションでも利用できる訳ですが、そうできないようになっています。


3.Adobe製品を全て利用できるのコンプリートプラン

 コンプリートプランで契約すれば、以下ほとんど全てのAdobe製品が利用できるようになります。

~ 2D画像編集 ~
 ・Illustrator
 ・Photoshop

~ DTP ~
 ・InDesign

~ WEB ~
 ・Dreamweaver
 ・Animate

~ 3D画像編集 ~
 ・Dimension

~ 動画編集 ~
 ・Premiere
 ・After Effects

~ 音声編集 ~
 ・Audition


~ その他 ~
 ・Acrobat
 ・Lightroom
 ・InCopy
 ・XD
 ・Muse
 ・Fuse
 ・Prelude
 ・Character Animater
 ・Bridge
 ・TypeKit
 ・ポートフォリオWebサイト
 ・100GBのクラウドストレージ


サブスクリプション料金(月額料金)

購入者 購入プラン 料金 備考
個人 年間プラン(月々払い) \4,980- / 月 (税別) 1年縛りのプランです。途中解約する場合、残存月数×50%の料金が解約料として請求されます。
年間プラン(年払い) \59,760- / 年 (税別) 1年縛りのプランの一括払いです。途中解約する場合、残存月数×50%の料金が解約料として差し引かれた上で返金されます。
月々プラン \7,980- / 月 (税別) 月々のプランです。解約料はかかりません。
法人 月々プラン \6,980- / 月 (税別) 月々のプランです。解約料はかかりません。
学生・教職員 年間プラン(月々払い) \1,980- / 月 (税別) 1年縛りのプランです。途中解約する場合、残存月数×50%の料金が解約料として請求されます。
年間プラン(年払い) \23,760- / 年 (税別) 1年縛りのプランの一括払いです。途中解約する場合、残存月数×50%の料金が解約料として差し引かれた上で返金されます。

 全てのプランで自動更新がデフォルトONになっています。継続的に使用するかしないか状況に応じて設定変更しておくべきです。

 法人プランは月々プランのみ。学生・教職員プランは料金の安さが魅力ですが一年縛りのみです。

 一年縛りの場合、更新月の前月のみ解約料なしで解約できます。このタイミングを覚えておかないといけないのでかなり大変です。

 個人の場合、フリーのデザイナー等、確実に一年以上利用する方以外は、最初、少々高いですが月々プランで契約することをお勧めします。契約以降、使用状況を見て一年縛りに切り替えるかどうか考えることが出来ます。プルダウンのデフォルトが年間プラン(月々払い)になっているので注意して下さい。

 マルチプラットフォームでWin、macOSどちらにもインストールできます。1ユーザーで2台までインストール可能ですが同時使用は1台のみです。



おすすめの関連記事

作成中