マイク(音声入力デバイス) | IT SKILL MAP

マイク

 ここでは、音声入力デバイスであるマイクの種類についてまとめます。

1.マイクの指向性

 マイクの指向性とは、どの方向からの音をはっきりと捉えるかを表すものです。
 市販のマイクは、全指向性、単一指向性のほぼどちらかで、全指向性は会議など多数の発言者の音声を同時にとらえる場合、単一指向性は司会など一人のみの音声の場合に利用されます。
 その他、超指向性、双指向性のマイクがありますが、どちらも専門業者が使用するタイプで、一般の企業での利用はほぼないと思います。


2.コンデンサーマイクとダイナミックマイク

 マイクが振動をとらえる内部方式の違いから、コンデンサーマイクとダイナミックマイクの2種類があります。
 コンデンサーマイクは、感度が高いですが、雑音を拾いやすいという欠点があります。主にナレーションやスタジオ録音に用いられます。
 ダイナミックマイクは、雑音に強い反面、感度がコンデンサーマイクに比べ低いです。主にライブや会場での司会用マイクに利用されます。
 どちらが優れているという話ではなく、適材適所です。購入の際は使用用途に応じてどちらか選ぶようにします。
 他に内部方式の違いからリボンマイク、クリスタルマイク等がありますが、どちらも専門業者が使用するタイプで、一般の企業での利用はほぼないと思います。


3.マイクの形状

ハンドヘルド型

 一般的にマイクと呼ばれるのは、このハンドヘルド型マイクです。

バウンダリー型

 円形のマイクで全指向性のマイクに利用される形状です。

スタンド型

 スタンドとマイクが一体化した形状です。主にチャット用の安価なマイクで利用されています。

ヘッドセット型

 コールセンター等でよく利用されるマイクとイヤホンが一体となった形状です。

ラベリア型

 ピンで留めて利用する小型マイクです。

ピンホール型

 ノートパソコンの内蔵マイク、スマートフォンに利用されています。通話レベルに最適化されており、それ以上の用途で使用するには力不足です。



おすすめの関連記事

パソコンでナレーション音声を作成する方法
パソコンでナレーション音声を作成する方法についてまとめました。