各種プログラム言語と開発環境まとめ(VB、VBA)

 ここではマイクロソフトが開発するプログラム言語、Visual BasicおよびVisual Basic for Applicationsについてまとめます。
 元となったプログラム言語であるBASICは1980年代、NEC等各メーカのパソコンに標準搭載されていたこともあり、簡易プログラム言語として広まりました。Visual BasicはこのBASICをベースにして、マイクロソフトが拡張を行ったものです。当初実行速度で他のプログラム言語に劣る等、本格的開発には向かないとされていましたが、現在ではJava、C++、C#と何等変わらず開発することができます。

1.Visual Basic

 Visual Basicは、マイクロソフトが開発、販売するプログラム言語で、Visual Studioに組み込まれています。

 コンパイル方式で、高速なアプリを開発できます。
 Visual Basicの位置付けはあくまでVisual Studio上で利用できるプログラム言語の一つという位置付けです。というのもマイクロソフトの開発のコアはVisual Studioだからです。Visual Studioはどのプログラム言語で開発しても、同等品質のアプリケーションを作成できる統合基盤です。このため、他のプログラム言語が言語を中心として、IDE、フレームワークが存在するという体系と違い、IDEである、Visual Studioを中心として、プログラム言語、フレームワークが存在する体系と言えます。

2.Visual Studio

 Visual Basic、C、C++、C#をサポートする、マイクロソフトのアプリケーション開発の中核製品です。


Visual Studio(https://www.visualstudio.com/ja/)


 ~ Visual Studioのバージョン ~ 

バージョン 延長サポート期限 対応OS
Visual Studio 2008 2018/04/10 Windows7、Windows Server 2008/R2
Visual Studio 2010 2020/07/14 Windows7,8.1,10、Windows Server 2008/R2,2012/R2,2016
Visual Studio 2012 2023/01/10 Windows7,8.1,10、Windows Server 2008/R2,2012/R2,2016
Visual Studio 2013 2024/04/09 Windows7,8.1,10、Windows Server 2008/R2,2012/R2,2016
Visual Studio 2015 2025/10/14 Windows7,8.1,10、Windows Server 2008/R2,2012/R2,2016
Visual Studio 2017 2027/04/13 Windows7,8.1,10、Windows Server 2012 R2,2016
Visual Studio 2017 for Mac 2027/06/16 Mac OS X El Capitan 10.11、macOS Sierra 10.12
※開発言語はC#のみ対応

 ~ Visual Studio 2017のエディション ~ 

エディション 標準価格 備考
Community 無償 機能はProfessionalと同じです。
企業の場合、PC台数250台未満かつ年商1億円未満であれば、当該組織は5名まで利用可能です。5名を超える場合はProfessionalの購入が必要になります。
Professional ¥102,687(税込)
Test Professional ¥115,539(税込)
Enterprise ¥330,168(税込)

 ~ 開発できるアプリケーション ~ 

種類 アプリケーション 実行環境 言語
Windows WindowsFormsアプリ .NET Framework VB,C#
WPF .NET Framework VB,C#
.NETクラスライブラリ .NET Framework VB,C#
ネイティブ(Win32)アプリ、DLL Windowsの標準API C++
Windowsストアアプリ UWP VB,C++,C#,JavaScript
ASP.NET IIS、.NET Framework VB,C#
macOS フォームアプリ .NET Core C#
ASP.NET Core IIS、.NET Core C#
Android、iOS ネイティブアプリ Xamarin C#
ハイブリッドアプリ Cordova HTML,JavaScript

3.Visual Studioのフレームワーク

 .NET Framework一択です。.NET Frameworkについてはこちらでまとめています。
 それ以外、一昔前はGrapeCityのSpreadやInputMan、ウイングアークのSVF、SAPのクリスタルレポート等がVisual Studioと併せて多くの現場で導入されていましたが、現在では、サードパーティの有償フレームワークは、あまり利用されなくなって来ました。


4.Visual Studio Code

 Visual Studioでは未対応の、ほぼ全てのプログラム言語に対応する軽量IDEです。マルチプラットフォームでWindows、macOS、Linix上で利用可能です。2015年にマイクロソフトからリリースされました。Winndowsユーザーを中心に人気があるIDEです。OSSではないVisual Studioと違い、無償。商用可。OSSのMIT Licenseで運用されています。


Visual Studio Code(https://code.visualstudio.com/)


5.VBA(:Visual Basic for Applications)

 Microsoft Officeのマクロとして知られるプログラミング言語です。Visual Basicをベースに、Excel、Access、Word、PowerPointなど、Officeのアプリケーション・ソフトウェアの機能をプログラムにより自動化する際に利用します。コンパイル方式に対応していますが、マクロ作成後、前以てコンパイルを実行しておかないと、実行時にコンパイル時間がかかり、速度的なメリットを得られませんので注意が必要です。IDEはOffice製品に付属しています。


6.VBS(:Visual Basic Scripting Edition )

 VBScriptとも呼ばれます。Visual Basicをベースにしたスクリプト言語で、
・ASP上でのサーバサイドスクリプティング処理
・Windows Script Host(WSH)を利用したWindows上でのスクリプト
に利用されます。IDEはテキストエディタまたはVisual Studioを利用します。



おすすめの関連記事

各種プログラム言語と開発環境まとめ(概要)
プログラム言語の概要についてまとめました。
.NET Frameworkについて最低限知っておくべきこと
通常、意識する必要ありませんが、バージョンが複雑なのでまとめました。