「平成→令和」で考える和暦変更時のシステム対応

 和暦は不定期に更新が発生するため、システム的には扱いにくいのですが、官公庁、裁判所の公式文書はすべて和暦であり、一般企業であっても、社内システムに和暦を一切使わないと言える企業は少ないため、その対応を避けることはできません。ここでは今回の「平成→令和」を例として和暦変更時のシステム対応を考えたいと思います。


 和暦変更時、システム的には改元日新元号が情報として必要です。


 先に改元日が発表となりました。情報が錯綜※しましたが、平成29年(2017年)12月1日開催の皇室会議にて「平成31年(2019年)4月30日」に生前退位、「平成31年(2019年)5月1日」から新元号となりました。

 ※2019年1月1日(うわさ)→2019年4月1日が有力(2017年10月20日)→2019年4月30日が有力(2017年11月22日)→2019年4月30日に決定(2017年12月1日)


 次に新元号は平成31年4月1日に発表されることが平成31年1月4日の首相年頭会見に発表され、平成31年4月1日の11時41分(当初11時30分発表予定)に令和と発表されました。


 つまり、今回必要な情報がすべて提供されたのは平成31年4月1日の11時41分ということになります。生前退位ということもあり、約1か月の準備期間があったということになります。



1.和暦を整理

 1926年、1989年、2019年について元号が重複しますので注意が必要です。

  ~1926年12月24日 :大正
  1926年12月25日~1989年1月7日 :昭和
  1989年1月8日~2019年4月30日 :平成
  2019年5月1日~ :令和

 ということでシステム的には結局、年単位で和暦の判定はできず、日単位で判断するしかありません。

 下表のように、2019年時点で、大正15年生まれは93歳ということになります。新元号登録時に大正を残すか消すかも検討事項になると思います。

2.和暦の命名規則

 過去に遡ると4文字の元号もありますが、元号法に規定されず明確ではないものの、

・漢字2文字
・略称アルファベットが過去と重複しない

 と、「元号に関する懇談会」レベルで規定していると云われています。


 また、2018年1月3日、政府は「1文字15画を上限とし、できる限り画数の少ない漢字を選ぶ方針」と発表しました。


「令和」はこの規則通り漢字2文字、略称アルファベット"R"、令=5画+和=8画となっています。

3.和暦合字

 和暦合字とは以下のような和暦2文字を1文字であらわす環境依存文字です。

 約1か月の猶予がありましたが、2019年5月1日朝6時の時点で「令和」は追加されていません。

 Windowsユーザーの場合、Windows Update(KB4469068:令和対応)で追加されるとアナウンスされていますが。Win10/8/7バージョンごと段階的アップデートの影響で「間に合う/間に合わない」が分かれるようです。このアップデートプログラムが端末に適用されているかの確認方法はこちらのページでWinバージョンごと記載されています。
このように「いずれアップデートされるだろう」と他力本願で待てる方以外、和暦合字は利用しないのが正解だと思います。
 ちなみに文字コードはUnicodeコンソーシアムにより事前に令和=UNICODE:32FFと決まりました。暫定対応としてWindowsアップデートが適用されるまでは「・」で表示されますが前もって入力することはできそうです。

4.日本語変換(IME)

 「レイワ」と入力しても予測変換に令和とは表示されませんが、これもWindows Update(KB4469068:令和対応)により対応するとアナウンスされていました。

 約1か月の猶予がありましたが、2019年5月1日朝6時の時点で予測変換できません。

 これもWin10/8/7バージョンごと段階的アップデートの影響です。

 暫定対応としてIMEのプロパティから「令和」を自前で単語登録しておくしかありません。

 →2019年5月15日にアップデートプログラムが提供されました。

5.Microsoft Office関連

 和暦変更に影響がでるのは、
・セルの書式設定(和暦)
・DATESTRING関数
・FORMAT関数で"ggg"や"gggg"を利用している場合

 などです。

 上記、Windows Update(日本の新元号に関する Office の更新プログラム )により対応するとアナウンスされていました。

 約1か月の猶予がありましたが、2019年5月1日朝6時の時点できていません。

 これも段階的アップデートの影響です。

 暫定対応として直接「令和」を文字として入力したりユーザー定義関数を作成することもできますが、更新プログラム適用後に再修正が必要になりますので余程の影響がない限り「平成31年5月1日」でしばらく我慢しておくのが正解かと思われます。

 →2019年5月15日にアップデートプログラムが提供されました。

6.令和1年か令和元年か

 「令和1年」と表記するか「令和元年」と表記するかですが平成についてデフォルト「平成1年」の表記でした。令和も同じく「令和1年」がデフォルトになりますが、これはレジストリの登録により「令和元年」に変更することができます。詳しくはこちらの「元年 対 1年」に記載されています。ただし、Windows Update(KB4469068:令和対応)の適用が前提条件です。

7.「平成」→「令和」考える和暦変更時のシステム対応総括

 そもそも新元号が1か月前の平成31年4月1日に発表される理由として「システム対応等、社会的混乱を回避するため」とのことでした。なかには改元前日の平成31年4月30日発表を主張する古典的な皇室論者もいたそうです。
 マイクロソフトは「日本の新元号への対応の重要度は高いと考えており、全社態勢でソリューションの準備に取り組んでいます。」として10連休突入前の2019年4月26日までにWindows Update(KB4469068:令和対応)の提供を目指しましたが全ては間に合わず、Win10/8/7のバージョンごと4月26日より数週間かけて段階的アップデートを行う方針を発表しました。(日経新聞より)

 その他会計ソフトウェアベンダーやフォントベンダーが令和対応について対応時期をアナウンスしていますが、遅れるところも、ちらほら見かけます。

 このように今回生前退位で1か月前に発表されてもこの結果ですので、ご崩御による即日改元の場合にWindows Updateが即時対応できるはずはありません。このため即日対応が必要なシビアなシステムでは自前で和暦を保持するしかないと云えます。また和暦合字等ベンダーの更新に依存するものは即時対応が必要かどうかで平常時から利用の是非を検討しておくべきかと思います。



おすすめの関連記事

休日判定ルーチンの作り方
どんなシステムであれ必要となる、休日判定ルーチンについてまとめました。