各種セキュリティ対策ソフトまとめ | IT SKILL MAP

各種セキュリティ対策ソフトまとめ

 パソコン、スマホなどエンドポイントのセキュリティ対策については、
・セキュリティ対策ソフトの導入
・OS等のセキュリティアップデート実施
・使用者のリテラシー向上
 の3点を行うことで、初めて対策が取れている状態となります。
 さらには、これでも防げない最悪の状況を考え、
・定期的なバックアップ
・UTM(IDS/IPS)によるネットワーク遮断 ※企業の場合
 の実施も必要となります。
 ここでは、この、セキュリティ対策の一つである「セキュリティ対策ソフト」についてまとめます。

1.セキュリティ対策ソフトの役割

 セキュリティ対策ソフトの中心となる役割は、侵入防御ウイルス検知です。これら役割に加え、スパムメール対策、サイトフィルタリング、フィッシング対策等の機能を追加して、セキュリティ対策ソフトとして各メーカーが販売しています。


 ~ 侵入防御 ~ 

 ハッカーからのインターネットを経由した侵入を防ぎます。具体的にはファイアーウォールによる防御です。


 ~ ウイルス検知 ~ 

 ウイルスパターンファイルを元に、ウイルス(マルウェア)と識別したファイルを隔離します。パターンファイルによる検知方式だけでは新種のウィルスに対応できないため、ヒューリスティックスキャンと呼ばれる、プログラムのコンピューター上での振る舞いにより、ウイルスかどうか判断する方式も、ほとんどのセキュリティ対策ソフトに搭載されています。

2.第三者機関によるセキュリティ対策ソフトの評価

 ここでは、AV-TESTが実施する、セキュリティ対策ソフトの評価をまとめます。AV-TESTは、セキュリティ対策ソフトを、独自のテスト方法により評価、認証するドイツの第三者機関です。
 iOSとLinuxについては評価がありませんが、それはiOSには原則セキュリティ対策ソフトは必要なく、Linux等サーバーについてはネットワーク機器側でセキュリティ対策を行うからです。


  • Windows(個人向け)

  • Windows(法人向け)

  • macOS

  • Android

  • Windows(個人向け)セキュリティ対策ソフト Windows10

    引用:AV-TEST 2017 December

  • Windows(法人向け)セキュリティ対策ソフト Windows10

    引用:AV-TEST 2017 December

  • macOSセキュリティ対策ソフト macOS 10.12 Sierra

    引用:AV-TEST 2017 December

  • Androidセキュリティ対策ソフト

    引用:AV-TEST 2018 January

3.Symantec

 米国のセキュリティ対策ソフト開発、販売会社です。

個人向け製品

 個人向け製品は、「Norton」ブランド名で販売されています。

製品名 標準価格 年数 台数 対応OS
ノートン アンチウイルス ベーシック \2,180/年(税別) 1年 1台
Windows
Linux
macOS
Android
iOS
ノートン アンチウイルス スタンダード \2,880/年(税別) 1年 1台
Windows
Linux
macOS
Android
iOS
ノートン アンチウイルス デラックス \5,480/年(税別) 1年※ 3台
Windows
Linux
macOS
Android
iOS
ノートン アンチウイルス プレミアム \7,980/年(税別) 1年※ 5台
Windows
Linux
macOS
Android
iOS

※1年~3年までのプランが用意されており、年数が長いプランでは値引きがあります。


Norton(https://jp.norton.com/)


法人向け製品

製品名 標準価格 年数 台数 対応OS
Symantec Endpoint Protection
オンプレミス版※1
\10,400/年(税別) 1年 1台
Windows
Linux
macOS
Android
iOS
Symantec Endpoint Protection Small Business Edition \5,500/年(税別) 1年 1台
Windows
Linux
macOS
Android
iOS
Symantec Endpoint Protection Cloud \4,800/年(税別) 1年 1台
Windows
Linux
macOS
Android
iOS
Symantec Endpoint Protection Mobile 代理店に確認 1年 1台
Windows
Linux
macOS
Android
iOS

※1:オンプレミス版については、社内に管理サーバーを必要とします。他のクラウド版は必要ありません。

法人向け製品には、多くのプランが存在しますので、標準価格はあくまでも参考とお考え下さい。


Symantec(https://www.symantec.com/ja/jp)


4.Trend Micro

 日本に本社を置くセキュリティ対策ソフト開発、販売会社です。「ウイルスバスター」を販売します。
 Symantecと同じくWindows95が発売され、インターネットが広まった当初からセキュリティ対策ソフトを販売していました。

個人向け製品

製品名 標準価格 年数 台数 対応OS
ウイルスバスタークラウド \4,982/年(税別) 1年※1 3台
Windows
Linux
macOS
Android
iOS
ウイルスバスタークラウド for Mac \3,223/年(税別) 1年 1台
Windows
Linux
macOS
Android
iOS
ウイルスバスターモバイル \2,838/年(税別) 1年※2 1台
Windows
Linux
macOS
Android
iOS

※1:1年~3年までのプランが用意されており、年数が長いプランでは値引きがあります。

※2:1年~2年までのプランが用意されており、年数が長いプランでは値引きがあります。


Trend Micro(https://www.trendmicro.com/ja_jp/forHome.html)


5.Mcafee

 米国のセキュリティ対策ソフト開発、販売会社です。企業向け製品に強く、多くの企業で製品が導入されています。個人向け製品製品のリブセーフは、1ユーザー1家族単位で使用台数無制限です。多数の端末を使用する場合は破格です。

個人向け製品

製品名 標準価格 年数 台数 対応OS
マカフィー リブセーフ \5,321/年(税別) 1年※1 無制限
Windows
Linux
macOS
Android
iOS

※1:1年、3年のプランが用意されており、年数が長いプランでは値引きがあります。


Mcafee(https://www.mcafee.com/japan/home/)


6.Kaspersky

 ロシアのセキュリティ対策ソフト開発、販売会社です。AV-TEST等、第三者機関で高い評価を受けるセキュリティ対策ソフトですが、2017年12月、イギリス政府は、政府機関に対し、カスペルスキー研究所のウイルス対策ソフトを使用しないこととしました。この流れが続くと、日本でも政府関係機関を中心に導入を控える動きが広がると思われます。


Kaspersky(http://www.kaspersky.co.jp/)


7.ESET

 スロバキアのESET社が開発するセキュリティ対策ソフトです。日本ではキヤノンITソリューションズが、代理店として製品を販売しています。

 Windows版に関して、他のメーカーと違い、セキュリティ対策ソフトなのに、ウイルス防御機能の高い上位モデルと、下位モデルに価格帯を分けて販売しています。こうなると下位モデルを安心して購入できるのでしょうか。

個人向け製品

製品名 標準価格 年数 台数 対応OS
ESET パーソナル セキュリティ \3,800/年(税別) 1年※1 1台
Windows
Linux
macOS
Android
iOS
ESET ファミリー セキュリティ \5,800/年(税別) 1年※1 5台
Windows
Linux
macOS
Android
iOS
ESET Smart Security Premium \6,800/年(税別) 1年 1台
Windows
Linux
macOS
Android
iOS

※1:1年、3年のプランが用意されており、年数が長いプランでは値引きがあります。


ESET(https://eset-info.canon-its.jp/)


8.ZERO ウイルスセキュリティ

 インドのK7Computing社が開発するセキュリティ対策ソフトです。日本ではソースネクストが、代理店として製品を販売しています。
 別メーカーのように年単位で更新料を必要とせず、OSのサポート期間内は更新料不要です。
 ソースネクストはセキュリティ対策ソフトの上位モデルとして「ZERO スーパーセキュリティ」という製品を販売していますが、これは開発メーカーが違い、ルーマニアのBitDefender社のものです。昔はBitDefenderの性能について第三者機関に高く評価されていましたが、現在ではインドのK7Computing社も高く評価されるようになり、結果、「ZERO ウイルスセキュリティ」はコスパの良い製品。「ZERO スーパーセキュリティ」はコスパの低い、さらにGUIが分かりにくく、使いづらい製品と言われています。

個人向け製品

製品名 標準価格 年数 台数 対応OS
ZERO ウイルスセキュリティ \1,980/年(税別) 無期限 1台※
Windows
Linux
macOS
Android
iOS

※1:1台、5台のプランが用意されています。5台プランは1台あたりが安くなります。


ソースネクスト ZERO ウイルスセキュリティ(http://www.sourcenext.com/product/security/zero-virus-security/)


9.Microsoft Defender

 Windows7までは Windows Essensialと呼ばれていました。Windows 8以降、標準搭載される無償のセキュリティ対策ソフトです。マルウェア対策のみなので、同じく標準搭載のWindows Firewallと組み合わせて利用します。無償ですが、他メーカーの有償ソフトと同等の機能があります。

製品名 標準価格 年数 台数 対応OS
Microsoft Defender 無償 無期限 OSに
付属
Windows
Linux
macOS
Android
iOS

Microsoft Defender(https://www.microsoft.com/ja-jp/safety/tools/defender.aspx)




おすすめの関連記事

作成中