使用者側の立場でソフトウェアライセンスを考えます

 パソコン本体だけで何かできるはずもなく、OS含め様々なソフトウェアを必要応じてインストールしていきますが、このソフトウェアのライセンスには様々な区分や購入方法が存在します。
 ここではそのソフトウェアライセンスについて考えたと思います。

1.フリーソフトとOSS(オープンソース)

 有料を「商用ソフト」、無料を「フリーソフト」、その中間を「シェアウェア」と呼んだりします。

シェアウェア:「使用者と開発費を分担する」という意味から来ています。


 一方でOSSもフリーソフトという意味で一般的に認識されており、話がよく混乱するのですが、
・OSSは「ソースコード」が公表されているもの
・フリーソフトは使用する場合に費用がかからない
 ということで全く別の意味です。

 しかしながらOSSのほぼ100%がフリーソフトであることからOSS=フリーソフトという認識をされていることも事実です。

 使用者として考えた場合、OSSについては開発者がそのスキルを広めたいという意図でソースコードが公開され、インストールする際も安心なのですが、

 フリーソフトについては、ソースコード非公開のリスクを認識した上でインストールする必要があります。
 以前「Baidu IME 」というフリーソフトをインストールするとなんとパソコンで入力した内容が全てBaidu側のサーバーに勝手に送信されているという問題がありました。
 このような悪意あるフリーソフトの存在もあり、昨今OSSでないフリーソフトは会社でインストールできない場合が多いです。


2.OSSのライセンス

 OSSのライセンスには実に様々な形式があります。
 もちろん使用者側の立場としてはソースコードの公開がされているものとの認識だけで問題ないのですが、IT資産台帳やインベントリ(Inventory)作成の際、ライセンス形式も記載しますので有名どころの名称だけまとめてみます。

GPL(General Public License)

 プログラムの実行、ソースコードの改変、改良したプログラムの配布などあらゆる権利を認めます。ただ一つ「コピーレフト」という概念、これは改良したプログラムを自身でつくったとしてもその改良部分のソースコードを同様に公開しなければならない等、「OSSの恩恵にあずかったのだから、あなたも何か作ったら第三者に同様に提供しなさいよ。」というものです。

LGPL(Lesser General Public License)

 GPLの概念と同じなのですが、改良したプログラム部分をモジュール化(DLL化)することで、モジュール部分についてはこのライセンス条項に従わなくてもよいとするもので、「コピーレフト」の規則を緩めたものです。

MPL(Mozilla Public License)

 LGPLと非常に良く似ていて、改良したプログラム部分はライセンス条項に従わなくてもよいとするに加えて、元のMPLライセンスソースコードを並行利用する場合の特許に対する明確な規定を加えています。

EPL(Eclipse Public License)

 MPLとほぼ同等のライセンスです。Eclipse FoundationにおいてEclipse、JUnit等に適用されています。

Apatche

 LGPLをさらに緩め「コピーレフト」の規則をなくしたものです。

BSD(Berkeley Software Distribution)

 ほぼ何ら従うことはないのですが、著作権表示だけはして下さいね。無保証(もちろんですが)ですよ。勝手に広告目的で組織、著作権者、貢献者の名前を使用しないで下さい。というものです。

MIT

 一番ゆるいライセンスです。ほぼ何ら従うことはないのですが、著作権表示だけはして下さいね。無保証(もちろんですが)ですよというものです。

3.パブリックドメイン

 SQLite等、まれにパブリックドメインというソフトウェアがあります。これは著作権放棄ないしは原則50年の著作権保護期間が経過したものです。OSSは著作権が有るのに対し、パブリックドメインは著作権が有りません。ほぼ自由に利用できますが、販売については原則できません。



おすすめの関連記事

「たいせつにしますプライバシー」と「ISO/IEC27001」
IT企業の認証資格をまとめました。
SIerの著作権について詳しく考えます
SIerからの目線で、著作権について考えます。
使用者側の立場で写真等素材の著作権を考えます
使用者側の立場で写真等素材を利用する場合の著作権、ロイヤリティー、クリエイティブコモンズなどをまとめました。