インターフェース転送速度まとめ | IT SKILL MAP

インターフェース転送速度まとめ

 一般的なインターフェース規格とその最大転送速度をまとめています。

 ここでは、あくまで転送速度だけです。実際のシステム構成を計画する際には、これに加えてHDDへのアクセス速度、データベースであればその応答時間なども考慮します。

 また、実際の運用で最大速度が出ることはほとんどなく、どれほどの速度遅延が発生するかも考慮する必要があります。

インターフェース規格と最大転送速度

インターフェース 種類 最大転送速度
(MB/s)
最大転送速度
(bps)
最大ケーブル長 備考
eSATA 外付け 300MB/s 3Gbps 2m SATAの外付け規格
USB3.1 外付け 1250MB/s 10Gbps 1m
USB3.0 外付け 625MB/s 5Gbps 5m
USB2.0 外付け 60MB/s 480Mbps 5m
NVMe 内蔵※1 4000MB/s 32Gbps 1m SSDの能力に対応した次世代規格。現状高額。
物理レイヤーはPCI Express(Gen3)を利用。
SAS(SAS3.0) 内蔵※1 1200MB/s※2 12Gbps 10m
SATA(SATA3) 内蔵※1 600MB/s※2 6Gbps 1m
Fibre Channel ストレージ
ネットワーク
4000MB/s 32Gbps 100km SAN(Storage Area Network)で使用
iSCSI ストレージ
ネットワーク
1250MB/s※3 10Gbps※3 25m SAN(Storage Area Network)で使用
10GBASE-T ネットワーク 1250MB/s 10Gbps 100m NAS(Network Attached Storage)で使用
1000BASE-T ネットワーク 125MB/s 1Gbps 100m NAS(Network Attached Storage)で使用

 ※1 主にPCやサーバー内部で接続インターフェースに使用される規格
 ※2 20%のロスが発生します。8b/10b。クロック信号が埋め込まれます。GT/sからの変換です。
 ※3 対応機器の関係で125MB / 1Gbpsが主流。  



~ 参考 ~

インターフェース 種類 最大転送速度
(MB/s)
最大転送速度
(bps)
備考
DMI(DMI3)※1 内蔵 800MB/s※2 8Gbps CPU-チップセット間のインターフェース規格
PCI Express(Gen3)×1 内蔵 250MB/s※2 2.5Gbps メモリ-チップセット間のインターフェース規格
PCI Express(Gen3)×2 内蔵 500MB/s※2 5.0Gbps
PCI Express(Gen3)×4 内蔵 1000MB/s※2 10.0Gbps
PCI Express(Gen3)×8 内蔵 2000MB/s※2 20.0Gbps
PCI Express(Gen3)×16 内蔵 4000MB/s※2 40.0Gbps
PCI Express(Gen3)×32 内蔵 8000MB/s※2 80.0Gbps

 ※1 CPUごとに違います。i9-7960Xを例にしています。
 ※2 20%のロスが発生します。8b/10b。クロック信号が埋め込まれます。GT/sからの変換です。



おすすめの関連記事

CPU
CPUについてまとめました。
メモリ
メモリについてまとめました。
RAIDによるハードディスク冗長化
RAID構成についてまとめました。
フラッシュメモリ
USBメモリ、SDメモリカード等、フラッシュメモリについてまとめました。