就職したい?IT業界について | IT SKILL MAP

就職したい?IT業界について

 現在、新規上場の約7割がIT関連企業というように、IT業界は夢をつかむチャンスに満ちた業界だと言えるかもしれません。
 そんな、華やかなイメージもあるIT業界(笑)ですが、実際は大きく2つに分かれます。


  • システム請負を中心としたSIerの業界

  • 自らがITサービスを実施する業界

1.システム請負を中心としたSIerの業界

 例えば「TIS」という会社。三菱UFJ銀行の金融システムを請負開発している会社です。

 SESの超優良企業で、西新宿の高層インテリジェントビルを占拠し、三菱UFJ銀行との長年の取引によって得た信頼関係を元に、着実な成長を続けます。

 データセンターの建設、運営も行い、経営の多角化も行われています。このような環境の中、TISの社員の方はある意味IT業界の中で非常に安定的に働けます。


 このTISと同様の会社としてSCSK、日本ユニシス、野村総研、オージス総研などがあります。いわゆる「SIer」と呼ばれます。

 日本ユニシスは官公庁のシステム請負で有名です。野村総研はコンサルもこなします。オージス総研は大阪ガスの情報システム部門が子会社化され独立採算となり、大阪ガス以外のシステムも請け負うこととなった会社でこのパターンの会社も非常に多いです。

 一方、日本電気(NEC)、富士通、日立、についてはSIerでもありますが、加えてITベンダーでもあります。いわゆるパソコンやサーバーの製造販売も手掛けています。

 オラクル、シスコ、SAP、IBM、マイクロソフト等外資系ITベンダーはSIerにはあまり踏み込まず、ITベンダーの立場です。


 ここまでで名前を挙げたような会社で採用されIT業界に入られた方々はおめでとうございます。「勝ち組」です。社内教育もしっかりしており資格取得補助も充実し素晴らしいキャリアを余程のことがない限り終身雇用の中で築いていけることと思います。


 反面、これらのSierの下請け会社、孫請け会社。名前としては同じSierなのですが。

 ここからがIT土方と呼ばれる業界の闇の部分になります。下請けや孫請けでIT技術者を派遣する会社とは、実際は人材派遣会社と何等変わりません。元請のSierが求める人材を探し、現場に入れ月々入る費用を一部ピンハネするというだけです。

 では何故人材派遣の会社ではないのか?答えは簡単で、2重派遣の法律をかわす抜け穴にしているのです。2018(平成30年)9月30日からは、特定派遣制度の猶予期間が終わり一般派遣に一本化されます。これにより少しは状況が改善されかもしれません。

 もちろん良い会社もあると思いますが、こういった会社の特徴として自分の会社に机がない、会社にITの技術者はおらず営業社員だけ、就職の面接に行ったら別の会社に連れていかれた、社員教育がない、といったところでしょうか。


 無論、転職でIT業界に入る場合、こういった会社の募集しかありませんので致し方ありませんが、新卒でこういった会社に入る方のお気持ちが分かりません。

 もし新卒で、この記事を読んでいる方がいたら、「もう少し世の中のことを勉強するべきだ!」と全力で言いたいです。


 ただ、経営者の立場で言えばこれは至極当然な流れです。システムは開発するときには多くの人数を必要としますが、開発完了したら一部の保守人員以外不要です。

 ここでやれ終身雇用だと言われてもいらないものはいらないですし、そんな人件費を払っていたら会社として成り立ちません。

 そこで大手は下請け、孫請けで人員調整しつつ自社の社員については終身雇用を守ります。いわゆる必要悪でしょうか。

2.自らがITサービスを実施する業界

 Google、楽天、amazon、DeNA、サイバーエージェント等自らがITサービスを提供する会社のことです。最近ではリクルートも様々なWEBサービスをリリースしIT企業のようになってきました。 いわゆる新規上場の約7割というのはこの業界のことで、SIerの話ではありません。 一角千金のギャンブルのような業界で、シェアの勝者となれば莫大な利益が入る反面、入れ替わりの激しい厳しい業界です。この業界で働く方は終身雇用は無理と割り切った方が良いです。 技術者であれば、自分の技術で会社を渡り歩く覚悟を決めてください。その代り、成功時の出世が速く、いきなりCIOとかある意味面白い業界です。

おすすめの関連記事

IT国家資格
IT関連の国家資格をまとめました。
IT民間資格
IT関連の民間資格をまとめました。
ITベンダー資格
IT関連のベンダー資格をまとめました。