就職したい?IT業界について

 現在、新規上場の約7割がIT関連企業というように、IT業界は夢をつかむチャンスに満ちた業界だと言えるかもしれません。
 そんな、華やかなイメージもあるIT業界ですが、実際は大きく2つに分かれます。


  • システム請負を中心としたSIerの業界

  • 自らがITサービスを実施する業界

1.システム開発を請け負うSIerの業界

 例えば「TIS」という会社。三菱UFJ銀行の金融システムを請負開発している東証一部上場企業です。

 SESの超優良企業で、西新宿の高層インテリジェントビルを占拠し、三菱UFJ銀行との長年の取引によって得た信頼関係を元に、着実な成長を続けます。UFJグループのクレジットカード等の金融システムも担います。

 データセンターの建設、運営も行い、経営の多角化も行われています。このような環境の中、TISの社員の方はある意味IT業界の中で非常に安定的に働けます。


 このTISと同様の会社としてSCSK、日本ユニシス、野村総研、オージス総研などがあります。システムを請負、受託開発する会社でこれらを「SIer」や「システムインテグレーター」と呼びます。

 日本ユニシスは官公庁のシステム請負で有名です。野村総研はコンサルもこなします。オージス総研は大阪ガスの情報システム部門が子会社化され独立採算となり、大阪ガス以外のシステムも請け負うこととなった会社でこのパターンの会社も非常に多いです。

 一方、日本電気(NEC)、富士通、日立、IBMについてはSIerでもありますが、パソコンやサーバーの製造販売を行うメーカーでもあります。これらをメーカー系SIerと言います。

 オラクル、シスコ、SAP、マイクロソフト、DELL、HP等メーカーはSIerにはあまり踏み込みません。機器やソフトウェアを製造販売するのみです。このようなメーカーを「ベンダー」と呼びます。


 なお、SIerは「情報システムの構築において、IT戦略の立案から設計、開発、運用・保守・管理までを一括請負する情報通信企業」のことと定義されます。

 近年のシステム開発においては、技術が多角化ししており、SIer単独で全てを開発することは不可能となっています。このためSIerは専門技術や知識を持つ他企業を下請けとして利用し自らは指揮者の立場でシステムを完成させます。

 この請負形態の中、SIerは「プライムベンダー」と呼ばれ、下請け、孫請けの企業は「ベンダー」と呼ばれます。システム開発を依頼するクライアント企業については「プロパー」と呼ばれます。

 通常、機器やソフトウェアを製造販売するメーカーをベンダーと呼びますが、統合的にシステムという商品を作り上げるという意味で、Sierをベンダーと呼ぶことがあるのです。


 ここまでで名前を挙げたような会社で採用されIT業界に入られた方々はおめでとうございます。「勝ち組」です。社内教育もしっかりしており資格取得補助も充実し素晴らしいキャリアを余程のことがない限り終身雇用の中で築いていけることと思います。


 反面、これらのSierの下請け会社、孫請け会社。

 ここからがIT土方と呼ばれる業界の闇の部分になります。下請けや孫請けでIT技術者を派遣する会社とは、実際は人材派遣会社と何等変わりません。元請のSierが求める人材を探し、現場に入れ月々入る費用を一部ピンハネするというだけです。

 これらの会社はもちろん良心的な会社もあるとは思いますが、総じて終身雇用は期待できない場合が多いです。会社の特徴として自分の会社に机がない、会社にITの技術者はおらず営業社員だけ、就職の面接に行ったら別の会社に連れていかれた、社員教育がない、といったところでしょうか。


 無論、転職でIT業界に入る場合、こういった会社の募集しかありませんので致し方ありませんが、新卒でこういった会社に入る方のお気持ちが分かりません。

 もし新卒で、この記事を読んでいる方がいたら、「もう少し世の中のことを勉強するべきだ!」と全力で言いたいです。


 ただ、経営者の立場で言えばこれは至極当然な流れです。システムは開発するときには多くの人数を必要としますが、開発完了したら一部の保守人員以外不要です。

 ここでやれ終身雇用だと言われてもいらないものはいらないですし、そんな人件費を払っていたら会社として成り立ちません。

 そこで大手は下請け、孫請けで人員調整しつつ自社の社員については終身雇用を守ります。いわゆる必要悪でしょうか。


 ~ この業界で主に利用される技術 ~ 

 昨今クラウド化が進みますが、企業系のシステムはまだまだオンプレミスが多く、そして自前でシステムを構築してるところが多いです。その中で利用される技術は以下の通りです。

項目 技術
クライアントOS Windows
サーバーOS Windows Server
データベース Oracle、SQL Server
プログラミング言語 Java、.NET(C#、VB)

 この業界の特徴として、有償のアプリケーションを利用するのが一般的です。正直、会社に利益が出ているならは税金で持って行かれるか設備投資に回すかという話で、アプリケーションを買う方が何かあった時はベンダーにサポートを依頼できますし責任転嫁先も確保できますし、その方が良いとなるのです。
 このため、Oracleのように非常に高価な製品でも、システム関連の必要経費として普通に導入されます。唯一JavaだけはOSSで無償ですが、別途オラクルのサポートに入る場合が多いです。

 なお、この業界の一部の企業では今だに汎用系と呼ばれるNECやIBMのオフコンを利用し続けているところもあります。そういった汎用系の現場に入ってしまうと、他の現場に対応できなくなりますので終身雇用が保証されない限り注意が必要です。

2.自らがITサービスを実施する業界

 Google、楽天、amazon、DeNA、サイバーエージェント等自らがITサービスを提供する会社のことです。最近ではリクルートも様々なWEBサービスをリリースしIT企業のようになってきました。 いわゆる新規上場の約7割というのはこの業界のことで、SIerの話ではありません。 一角千金のギャンブルのような業界で、シェアの勝者となれば莫大な利益が入る反面、入れ替わりの激しい厳しい業界です。この業界で働く方は終身雇用は無理と割り切った方が良いです。 技術者であれば、自分の技術で会社を渡り歩く覚悟を決めてください。その代り、成功時の出世が速く、いきなりCIOとかある意味面白い業界です。


 ~ この業界で主に利用される技術 ~ 

 この業界はクライアントOS以外は、ほぼOSSを利用します。

項目 技術
クライアントOS Windows、macOS
サーバーOS Linux
データベース MySQL、PostgreSQL、(MongoDB、NoSQL)
プログラミング言語 WEB:PHP、Python、Ruby
アプリ:Java、Swift、Objective-C

 サーバーOSはLinuxがお約束です。企業系に比べ、一般ユーザーへサービスを提供するためアクセス集中時などサーバー負荷がシビアで、負荷分散を目的に台数を増やす場合にいちいちライセンス費用を払っていると負担が大きすぎるのです。Windows ServerではCPUライセンス等色々な購入方法ができましたが、結局は費用がかかるのでLinuxが主流です。

 データベースもMySQL、PostgreSQL等OSSを中心にレスポンス改善のため、MongoDB、NoSQLのようなカラム指向DB、テキスト指向DBも積極的に採用します。
 プログラミング言語は2系統でWEBサービスにはPHP、Python、Ruby等OSS、アプリ開発ではAndroid系はJava、iOS系はSwift、Objective-Cが利用されます。

 技術面だけで言うと、この業界の方が最新の技術を素早くキャッチアップできますので、自身の成長につながります。

おすすめの関連記事

IT国家資格
IT関連の国家資格をまとめました。
IT民間資格
IT関連の民間資格をまとめました。
ITベンダー資格
IT関連のベンダー資格をまとめました。