IT資格の分類と難易度レベル

 IT資格は、国家資格、民間資格、ベンダー資格といった、資格試験を実施する主催者によってに分類されます。
 また、プロジェクトマネジメント、ITアーキテクト、ソフトウェアデベロップメントといった、職種ごとにも分類されます。
 ここでは、これら2つの分類について詳しくまとめ、併せて、これら分類における代表的な資格の難易度レベルもまとめます。

1.はじめに

 IT資格は一部例外があるものの、ほぼ全て認定資格です。

※ 認定資格とは:
資格取得により一定の実力や能力があることを、その資格実施団体が対外的に認定するもの。
その資格がないと業務ができないということはありません。

例・・・・運転免許は資格。
運転免許を取得する事により、車を運転できようになります。
運転免許がないと車を運転できません。

情報処理技術者は認定資格。
情報処理技術者を取得する事により、情報処理技術者としての能力は認定されますが、
情報処理技術者を取得しなくても、情報処理の仕事に従事できます。

2.主催者によるIT資格の分類

2-1.国家資格

 管轄省庁別に、3つの資格試験が行われています。


 ~ 経済産業省:「情報処理技術者」 ~ 

IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)が試験を実施します。
IT国家資格として最もメジャーな資格です。


 ~ 文部科学省:「技術士 情報工学」 ~ 

公益社団法人 日本技術士会が試験を実施します。
大学や研究機関に従事する方が目指す資格で企業勤務の方が取る理由はないです。


 ~ 総務省:「ネットワーク接続技術者 工事担任者」 ~ 

一般財団法人 日本データ通信協会 電気通信国家試験センターが試験を実施します。
通信工事業者で勤務する方が、主に取る資格です。


※この資格は認定資格ではなく資格です。
 電気通信事業法で「電気通信回線に端末設置等を接続する場合は「工事担任者」が直接工事を行うか、
 あるいは実地にこれを監督すること。」とされています。


くわしくはこちら(国家資格)で確認して下さい。



2-2.民間資格(ベンダーニュートラル資格)

 民間のベンダーニュートラルな機関が、認定するIT資格です。
 すべてではありませんが、OSSと呼ばれるオープンソースの技術に関する資格が多いです。
 Linux Professional Institute(LPI日本支部)の実施するLPIC(Linux技術者認定試験)が有名です。
 国家資格に有効期限がないのに対して、資格に有効期限(5年等)がありますので注意が必要です。
 受験料が高額です。


くわしくはこちら(民間資格)で確認して下さい。



2-3.ベンダー資格

 ベンダー(Vendor)とは販売業者、メーカーのことです。
 ベンダー資格とはそのメーカーが持つ技術を利用する技術者を増やし、自社製品の市場シェアを拡大する目的で実施する資格試験です。
 ある意味、受験者はうまく利用されていると言えるかもしれませんが、市場シェアが独占的に高まると、その後そのベンダー資格が、あたかも技術者必須の資格かのようになります。
 資格に有効期限(5年等)がありますので注意が必要です。
 受験料が高額です。
 MOS(Microsoft Office Specialist)、シスコ技術者認定(CCNA、CCNP)、オラクル認定資格制度(ORACLE MASTER)等が有名です。


くわしくはこちら(ベンダー資格)で確認して下さい。



3.職種によるIT資格の分類

ITスキル標準(ITSS)について

 「ITスキル標準(ITSS)」とは経済産業省の策定した、各種IT関連サービスの提供に必要とされる能力を、明確化・体系化した、いわゆるフレームワークと呼ばれるものです。

 簡単にいうと、「この職種につきたかったら、このスキルが必要だよね。」というものです。

 例えば、「プロジェクトマネジメント」という職種。下図の通り

  • システム開発

  • ITアウトソージング

  • ネットワークサービス

  • ソフトウェア製品開発

4分野のITスキルが必要であると規定されています。
 さらにレベル1(低)~レベル7(高)まで、レベル規定されています。

 ※下図、黄緑色が存在するレベル


 このITスキル標準(ITSS)において職種は以下のように規定されています。
・マーケティング
・セールス
・コンサルタント
・ITアーキテクト
・プロジェクトマネジメント
・ITスペシャリスト
・アプリケーションスペシャリスト
・ソフトウェアデベロップメント
・カスタマサービス
・ITサービスマネジメント
・エデュケーション

 そして、その各々に必要となるスキルが規定されています。詳しくはIPA(独立行政法人 情報処理推進機構)のサイトで随時最新版が公開されていますのでご確認下さい。

IPA ITスキル標準V3(https://www.ipa.go.jp/jinzai/itss/download_V3_2011.html)

 この職種ごとのスキルを証明する資格として、「情報処理技術者」試験の各試験が実施されています。


4.IT資格の難易度レベル

ITスキル標準(ITSS)を元にした資格の対応表

 上記のITスキル標準(ITSS)にはIPA実施の「情報処理技術者」試験しか対応付けられていないため、特定非営利活動法人 スキル標準ユーザー協会が民間資格、ベンダー資格も対応付けして公開しています。

 資格の難易度レベルはレベル1(初級)~レベル4(中級)で規定されています。ちなみに、レベル5以上は現場や研究によって身に付けられるものとして資格試験は実施されていません。

特定非営利活動法人 スキル標準ユーザー協会(http://www.ssug.jp/docs/)

※ページ内の「ISVマップ表」が、ITスキル標準(ITSS)を元にした資格の対応表のことです。


 例えば「プロジェクトマネジメント」という職種の場合、下図のように国家資格のプロジェクトマネージャー(PM)と民間資格のPMP、ベンダー資格のシスコCCDE、オラクルOCJ-EAが対応付けされています。

   ITSSのキャリアフレームワークと認定試験・資格の関係(ISV Map Ver10r1)

 下図は、この表を参考に、メジャーな資格だけに絞り、国家資格、民間資格、ベンダー資格を色分けしてまとめたものです。【図をクリックすると拡大表示します。】


おすすめの関連記事

IT国家資格
IT関連の国家資格をまとめました。
IT民間資格
IT関連の民間資格をまとめました。
ITベンダー資格
IT関連のベンダー資格をまとめました。