ファイルシステム

 ファイルシステムとは、パソコン上でファイルやフォルダを扱うためにOSが持つ機能の一つです。

 過去のファイルシステムFAT32の頃は、1ファイルの最大容量が4GBという制限があり、DBの実体ファイルを配置する際などに問題となっていましたが、現在その制限もなくなり、ファイルシステムを特に意識する必要はなくなったと言えます。
 しかしながら、別プラットフォーム(OS)間のファイル連携の際は、このファイルシステムを、今だ意識する必要があります。

1.ファイルシステム規格

ファイルシステム 種類 備考
NTFS Windows独自 Windowsのデフォルトファイルシステム
ReFS Windows独自 Windows Server2012から実装された新しいファイルシステム
NTFSと互換。システムボリュームでの利用不可
データボリュームでのみ利用可
PB(ペタバイト)対応。強力な耐障害性。自動破損検出機能
ただし、NTFSで利用できた暗号化、圧縮等に未対応
HFS+ macOS macOS 10.13以降はAPFSがデフォルト
APFS macOS独自 macOS 10.13以降(2017/9~)のデフォルトファイルシステム
ext4 Linux独自 Linuxのデフォルトファイルシステム
exFAT 共通 USB、HDD等

 OSをインストールする領域のファイルシステムは各OS独自のファイルシステムにしないと、独自の暗号化機能やファイル圧縮機能が使用できなくなります。

 一方で、USBなど各OS間を共有して使用する領域はexFATにしないと、一方のOSでは認識できない等の問題になります。


おすすめの関連記事

各種OSまとめ
Windowsのサポート期間、Linuxのディストリビューション種類等、各種OSとサポート期間をまとめました。