フィンテックとは

 フィンテック(Fintech)とは、FinanceとTechnologyをあわせた造語で金融システムの総称です。造語なので明確な決まりはありませんが、主に、既存の金融システムではなくICTを利用した新しい決済方法を指してフィンテックと呼ばれることが多く、日本では、2015年頃から盛んにこの言葉が使われるようになりました。
 ここでは、フィンテックの例をまとめていきます。

1.レンディング

 融資サービスのことです。

Amazonレンディング

 Amazonが自社サービスのマーケットプレイス運営者向けに始めた融資サービス(貸金業)です。

 Amazonが金融業にも手を出したという話ではなく、その融資決裁方法がICTを駆使した先進的なものであるため、フィンテックの例として度々取り上げられます。

 既存の金融機関で融資を受ける場合、厳しい審査を受ける必要があります。担保の有無、財務状態、そして各信用機関CRIN、CIC、JICCへの照会、さらに帝国データバンク、東京商工リサーチへの調査依頼など個人の場合、企業の場合で調査方法は様々分かれますが、共通して、担保がないと融資は受けにくい、経営年数が浅いと融資は受けにくい、と言えます。
 ベンチャー企業の場合、ベンチャーキャピタルによる融資という方法もありますが、担保は求められない代わりに、将来性を測る観点より、市場調査、財務状態調査、度重なる代表者面談等を経て融資が行われます。

 このような背景において、Amazonレンディングは
ウェブで申し込み完了
最短5営業日で融資
融資額は最大5000万円まで
信用調査なし
 というあり得ない条件で融資を行います。

 この融資は、マーケットプレイス運営者の取引状況(出展数、取引数、売上、キャンセル率、遅延率、不良率等)をシステム分析して、瞬時に投資判断がされるそうです。ここでビッグデータが活用されています。

 この融資サービスはアメリカで2011年、日本では2014年に開始されましたが、すでに3000億を超える融資が実行されているとのことです。
 Amazonによると、「あくまでもマーケットプレイス運営者のビジネスの成長を支援するためのものであり、マーケットプレイス運営者の成長がamazonの成長にもつながる。」として、融資を今後の成長につながるサービスと位置付ていますが、どれほどビッグデータの投資判断に、自信を持っているかが伺えます。


Amazonレンディング(https://www.amazon.co.jp/gp/press/pr/20140220)


 余談ですが、帝国データバンク、東京商工リサーチなどの調査会社は今だに設立間もない会社に対して電話や訪問で業績の聞き取りを行っています。こういった方法では調査員の主観に左右される部分が多く、恣意的な判断が入る可能性もあります。アマゾンのこのような合理的な手法が広がることで、原始的な手法が淘汰されることが期待されます。



ドコモ レンディングプラットフォーム

 日本企業もAmazonレンディングに追随するようにレンディングプラットフォーム開発が進められています。この「ドコモ レンディングプラットフォーム」はNTTドコモが開発を進めるドコモ回線利用者の速やかな融資判断を行うためのレンディングプラットフォームです。Amazonレンディングと違い、融資はドコモではなく金融機関が行います。ドコモはあくまでプラットフォームを提供するのみです。まだサービスインしておらず2019年3月にリリースするとしています。


ドコモ レンディングプラットフォーム(https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2018/10/17_01.html)

2.クラウドファンディング

 クラウドファンディングは、特に新しい技術ではなく、WEB上で行われる投資です。いくつかのクラウドファンディングサイトが認知されるようになり、このスキームが投資マッチングの一手段として認識されるようになりました。


 投資家へのリターンの種類により
寄付型:金銭的リターンなし
投資型:金銭的リターンあり
購入型:権利または物品をリターン
 に分かれ、さらに
多数の投資家から少額ずつ募集
P2Pの投資家を募集
 に分かれます。


 ~ LendingClub ~

 投資型 / P2Pの投資家を募集

 アメリカで投資型クラウドファンディングサイトとして有名です。日本サイトはありません。

LendingClub(https://www.lendingclub.com/)


 ~ ファンディーノ ~

 投資型 / 多数の投資家から少額ずつ募集

 ベンチャーキャピタルを多数の投資家で行うクラウドファンディングサイトです。

ファンディーノ(https://fundinno.com/)


 ~ エメラダ・エクイティ ~

 投資型 / 多数の投資家から少額ずつ募集

 ベンチャーキャピタルを多数の投資家で行うクラウドファンディングサイトです。

エメラダ・エクイティ(https://emeradaco.com/)


 ~ Readyfor ~

 寄付型、購入型 / 多数の投資家から少額ずつ募集

 日本では老舗といえる、初期から存在するクラウドファンディングサイトです。ですが内容はファンディングとは程遠い、寄付か商品販売かという内容です。


 個人的な感想ですが、非常に一人よがりな募集が多いと感じます。例えば海外で学校や病院を作りたいというのは、自分のお金でやるべきではないのか、もしくはそういった気持ちがあるのなら日本赤十字やユニセフ(黒柳さんの方)に募金するべきではないのかと思ってしまうのですが、世の中優しい方が多く一定の投資に成功していることに驚かされます。


Readyfor(https://readyfor.jp/)


3.仮想通貨

 現在一番話題となっているフィンテックかもしれません。本質的には、海外で両替手数料を支払うことなく利用できる世界共通通貨としての可能性を秘めたものではありますが、世界各地に仮想通貨と現地通貨の両替所があるわけではなく、仮想通貨での直接取引もできないため、現状では投機対象のものでしかありません。

 ビットキャッシュの高騰に続き、イーサリアム等いくつかの仮想通貨が後を追うように高騰を続けています。

 しかし、高騰が続く反面、無名な仮想通貨については1仮想通貨ごとの保有者数が少なく健全な状態とは言えません。また大量保有者がいるため、一旦大量保有者が売りに転じると大きく金額が下落する危険があります。仮想通貨の仕組上、51%以上保有できたとすると金額操作が可能になると言われているためです。大量保有者同士で結託されると、一般投資家が損害を被ります。


 また、これは仮想通貨の問題というよりは、取引所、販売所の問題ですが、セキュリティが甘く仮想通貨の盗難を受け、結果、投資家が損害を被るという問題が、2014年マウントゴックス、2018年コインチェックと続いています。


 このように、投資家保護という観点ではリスクがありますが、あくまで自己責任で仮想通貨と、どう付き合うかということでしょうか。


 IT技術者としては、ブロックチェーンマイニングについては知識として理解しておかないといけないかもしれません。そして、さらに重要なことですが、一部実店舗やWEBサイト上でビットコインを使った決済システムが広がり、決済の一つの方法として、仮想通貨が認められはじめているので、この決済の仕組みを理解しておく必要があると思います。


 ~ VALU ~


VALU(https://valu.is/)

 仮想通貨を決済に利用したサイトの一つです。かなり特殊なスキームで、いわば個人IPOが行われているサイトです。YoutuberがTwitterで優待を実施するかのごとく書き込みを行い、値段を釣り上げるだけ釣り上げて、自己保有のVAと呼ばれるVALU上の株のようなものを全て売却し5000万円を超える資金を得た後、優待等なにもしないという、詐欺に等しい行為が起こったのはこのサイトです。現在でもVALU放置と呼ばれる、いわゆるあおるだけあおってその後放置という事象が個人の問題として発生し、サイト側としては責任を取らないため、ビジネススキームとして成り立たないように思われるのですが、ネットの世界では何がトレンドとなり何がデファクトスタンダードになるか分からない所があるので、こういったサービスがあることを認識しておく必要はあると思います。類似サービスとしてタイムバンク、Patreonなどがあります。

4.ロボアドバイザー

 投資信託の一つとも言えるですが、投資家本人に代わってAIが自動投資をするというサービスです。アメリカのETFに分散投資されます。最近、SBI証券がこのロボアドバイザーの窓口になったことから日本でも利用しやすくなりました。

WealthNavi

WealthNavi(https://www.wealthnavi.com/)

 ロボアドバイザーの草分け的な企業です。ベースにノーベル賞受賞者が提唱した理論に基づくアルゴリズムを利用していることを売りにしています。何段階かのリスク許容設定に基づき自動で投資が実行されます。


THEO

THEO(https://theo.blue/)

 こちらもWealthNavi同様ロボアドバイザーの草分け的な企業です。同じくベースにノーベル賞受賞者が提唱した理論に基づくアルゴリズムを利用。内容的にはWealthNaviとほぼ同じです。

5.各種フィンテック企業、アプリ

GMOペイメントゲートウェイ

GMOペイメントゲートウェイ(https://www.gmo-pg.com/)

 今では当たり前となったクレジット決済を中心とした各種決済代行サービス企業の一つです。一時代前は銀行振込、現金、現金書留、クレジットカード程度の種類だけだった決済方法も電子マネー、CVS、スマホ決済等大きく多角化し、決済代行会社を経由しないと一企業だけでは対応しきれない。そんな時代になっています。


マネーフォワード

マネーフォワード(https://moneyforward.com/)

 元々家計簿アプリの開発を行っていましたが、金融機関はじめクレジットカード、年金まで全てをICTでリアルタイム資産管理できる、個人向けポータルとなりました。楽天、JAL、ANAなどポイントサービスとの連携やおつり貯金「しらたま」のサービスも開始しました。資産管理のポータルであるため、今後さらなる発展もしくは大手に買収されると思います。企業向けクラウド会計サービスも展開しています。


ウエスタンユニオン

ウエスタンユニオン(https://www.westernunion.com/jp/en/home.html)

 国際送金サービスです。国内の金融機関の場合、外国の金融機関に送金する際、いくつかの銀行を経由する仕組みのため、送金に一週間程度そして約5,000円の手数料がかかりますが、ウエスタンユニオンのサービスの場合、約1日で入金可能。手数料は約1000円です。日本での認知度は低いのですが、海外での認知度は非常に高いサービスです。日本の窓口はHISです。


paymo

paymo(https://paymo.life/)

 会計時、簡単に割り勘をができるというアプリです。どこまでをフィンテックと呼ぶか微妙なところですがこういった小規模なアプリもフィンテックとして取り扱われます。

トラノコ

トラノコ(https://toranoko.com/)

 クレジットカードの決済端数(おつり)で、少額投資を行うアプリです。



おすすめの関連記事

作成中