【2018年02月更新】IT技術トレンド


 現在メジャーなIT技術のシェアをまとめました。
 一部、総務省発表の統計資料等以外は、1万人へのアンケート調査結果など、明確な契約数や販売数に基づいたデータではないものもありますのでご注意下さい。
 あくまで技術動向のイメージをつかむための参考と考えて下さい。

1.アーキテクト・ソフトウェア・データベース

1-1.ディスクトップ OS

ディスクトップ OS 世界シェア 第5位まで 引用:NetApplications.com 2018 January

 Windowsが87.79%で、完全にシュア独占と言えます。
 月別のシェア遷移はWindowsとLinuxが微減。Mac OSが微増です。


 ※Unknownはその他です。


ディスクトップ OS (バージョンごと) 世界シェア 第5位まで 引用:NetApplications.com 2017 November

 Windows10が2015年7月に発売されて、2年以上経過しますが、今だ、Windows7が42.39%で首位です。どれほどWindows7がOSとして人気があるかが分かります。
 Windows7の延長サポートが切れる2020年1月14日までは、Windows7がWindows10のシェアを上回り続けるかもしれません。
 月別のシェア遷移はWindows7、8.1が微減、Windows10が微増です。

 参考:Windowsサポート期限


 macOSについては第6位にMac OS X 10.12が2.65%、第7位にMac OS X 10.11が1.47%で続きます。2017年末はHigh Sierraの脆弱性問題(root問題)がありMac OS X 10.12がシェアでMac OS X 10.13を上回っていましたが、現在ではMac OS X 10.13が上回り、アップデートが進んでいることが分かります。

1-2.スマホ OS

スマホ OS 世界シェア 第5位まで 引用:NetApplications.com 2018 January

 Androidが68.50%、iPhoneが30.65%。両OSで99.15%。完全にシュア独占と言えます。
 月別のシェア遷移はAndroidが微減、iPhoneが微増です。


 ※Unknownはその他です。


1-3.サーバー OS

 1年以上前の統計です。あくまで参考として下さい。

サーバー OS 世界シェア 引用:Linux FoundationのEnterprise End User Council(記事:ZDNet Japan) 2014年12月

 サーバーOSの統計情報はほとんど出ていません。そもそも自分の会社のサーバーはこれを使っていますとアンケートに答える方は少ないと思いますので統計情報が出ないのだと思います。この情報も独自調査とのことであり、かつ約3年前の情報なので、現在、信頼性の高い情報ではないのかもしれません。


WEBサーバーOS 世界シェア 引用:Q-Success 2018 February

 このデータは最新ですが、WEBサーバーに限定したシェアです。


Linuxディストリビューション 世界シェア 引用:Q-Success 2018 February

 Linuxディストリビューションについては、Ubuntuが39.0%、Debianが30.8%、CentOSが20.6%この3ディストリビューションで全体ディストリビューションの90.4%を占めています。


1-4.ディスクトップ ブラウザ

ディスクトップ ブラウザ 世界シェア 第5位まで 引用:NetApplications.com 2018 January

 Chromeが61.41%、IE、Edge併せて16.51%、Firefoxが10.85%。この4ブラウザで88.77%となります。
 月別のシェア遷移はIE、Firefoxが微減、Chrome、Edge、Safariが微増です。


1-5.スマホ ブラウザ

スマホ ブラウザ 世界シェア 第5位まで 引用:NetApplications.com 2018 January

 Chromeが61.93%、Safariが29.01%、両ブラウザで90.94%です。
 月別のシェア遷移はChrome、Safariともに微増。その他が微減です。


1-6.ディスクトップ サーチエンジン

ディスクトップ サーチエンジン 世界シェア 第5位まで 引用:NetApplications.com 2018 January

 世界シェアでは、Googleが約69.97%でほぼシェア独占です。国別で差が大きいです。


ディスクトップ 国内 サイト利用者数 第10位まで 引用:Nielsen 2017 December

 国内シェアではYahooが上回ります。Yahooの検索エンジンは2011年から自社開発をあきらめGoogleを採用しています。Googleの検索結果に自社運営のサービスを併せて表示する方法を取っています。


 注意:この集計は検索エンジン以外のサイトも含まれています。


1-7.スマホ サーチエンジン

スマホ サーチエンジン 世界シェア 第5位まで 引用:NetApplications.com 2018 January

 世界シェアではGoogleが約90.46%で完全にシェア独占です。国別で差があるといえ一強です。


スマホ 国内 サイト利用者数 第10位まで 引用:Nielsen 2017 December

 スマホではGoogleが首位になります。


 注意:この集計は検索エンジン以外のサイトも含まれています。


1-8.スマホ アプリ

スマホ 国内 アプリ利用者数 第10位まで 引用:Nielsen 2017 December


1-9.データベース

データベース 世界 人気ランキング 第10位まで 引用:solid IT gmbh 2018 February

 Oracle、MySQL、Microsoft SQL Serverの3強と言えます。


1-10.プログラミング言語

プログラミング言語 世界 人気ランキング 第10位まで 引用:fossBytes 2017 March

 Java、Cがの2強と言えます。WEBプログラミング言語としてはPython、PHPと続きますが、以下のWEBサーバーサイドプログラム言語のシェアはPHPが80%以上となっており、少し矛盾した結果と言えます。iPhone向けアプリ開発言語Swiftが10位に入ってきています。


WEBサーバーサイドプログラミング言語 世界シェア 第10位まで 引用:Q-Success 2018 February

 PHPが83.1%で圧倒的なシェアとなっています。


WEBクライアントサイドプログラミング言語 世界シェア  引用:Q-Success 2018 February

 JavaScriptが94.9%で圧倒的なシェアとなっています。


1-11.クラウドサービス

クラウドサービス 世界シェア 引用:Synergy Research Group 2017 July

 AWSの現在のシェアは約34%、Microsoftは11%、Googleは5%です。IBMは8%ですが、企業向けプライベートクラウドなので他と分野が違います。
 昨年からのシェア遷移ですがAWS、Microsoft、Googleすべて微増で、その他が微減です。


1-12.WEBサーバー

WEBサーバー 世界シェア 引用:Q-Success 2018 February

 Apacheが47.4%でトップシェアですが、NginXが36.9%で急激にシェアを伸ばしています。


1-13.CMS

WEBサーバー 世界シェア 引用:Q-Success 2018 February

 CMSが利用されているサイトにおいては、WordPressが60.1%でトップシェアです。


2.ハードウェア・ネットワーク

2-1.ルーター

 1年以上前の統計です。あくまで参考として下さい。

ルーター 国内シェア 引用:日経BP 2015年10月

 YAMAHAのルーターが1位です。日本国内での統計なので、こうなると思います。


2-2.セキュリティ機器(UTM)

 1年以上前の統計です。あくまで参考として下さい。

セキュリティ機器(UTM)国内シェア 引用:日経BP 2015年10月

 この分野はジュニパーが老舗でしたが、フォーティネットが首位です。


2-3.L3スイッチ

 1年以上前の統計です。あくまで参考として下さい。

L3スイッチ 国内シェア 引用:日経BP 2015年10月

 コアスイッチについてはやはりシスコの独壇場です。


2-4.移動通信キャリア(MNO)

移動系通信の契約数における事業者別シェアの推移 国内シェア 引用:総務省 2017年12月22日

 グループ通算でNTTdocomoは39.5%、KDDI(au)は27.0%、SoftBankは23.5%。残り各社の卸分を合算した10.0%がMVNOです。


2-5.格安スマホ・SIM事業者(MVNO)

独自サービス型SIMの事業者別シェア 国内シェア 引用:MM総研(記事:ケータイ Watch) 2017年12月

 この資料では2017/11/1のFREETEL事業譲渡分が楽天モバイルに加算されていません。加算された場合、楽天モバイルが首位になるとのことです。


2-6.固定系ブロードバンド通信

固定系ブロードバンド通信の契約数における事業者別シェアの推移 国内シェア 引用:総務省 2017年12月22日

 NTT東西は54.2%、KDDIは22.2%、それ以外は10%以下のシェアです。



おすすめの関連記事

作成中